月別アーカイブ: 2017年6月

吸収効率の良さも疑問?サプリメントについて

Pocket

ヒアルロン酸が肌に良いというイメージがすっかりと定着しているため、食事によって摂取してもお肌に良いのではないかと思い込んでしまいがちですが、こちらについても疑問符が付けられています。その理由は吸収時に必要となる消化にあります。食事によって摂取した食べ物は、消化器官を流れていくうちにさまざまな栄養素に分解された上で吸収されることになります。ヒアルロン酸の錠剤を飲んだとしても、吸収前に他の成分に分解されてしまう可能性が高く、摂取したヒアルロン酸がそのままお肌へと運ばれるわけではありません。

ヒアルロン酸は分解されるとグルコサミンやグルクロン酸になりますが、低分子ヒアルロン酸が大きさを小さくしたものだとするのであれば、これらの成分となんら変わりないのではないかという説を唱えている研究者もおり、サプリメントにおける効果についても「効果があるかどうかは分からない」と言うほかありません。

ただし、低分子ヒアルロン酸のサプリメントには他にもお肌を綺麗に保つために必要なビタミン類なども配合されていることが多く、そちらが美肌効果をもたらすということも考えられるため、一概に効かないと切り捨てるのは間違いだと言えるでしょう。

関連サイトお肌の駆けコミ寺
└飲む低分子ヒアルロン酸サプリメントについて掲載しているサイトです。

なぜヒアルロン酸が配合されるようになったのか

Pocket

ヒアルロン酸はお肌の奥深く、真皮層に位置する繊維芽細胞が生成する成分で、お肌の中にある水分量を調節してくれる役割があるだけでなく、お肌の弾力にも関係があることが分かっています。私達の細胞は日々死んでは生れてを繰り返し、残念ながら繊維芽細胞は加齢と共に少しずつ減少していくことになり、その結果、お肌は少しずつ水分もハリも失っていきます。この老化を防ぐためにはお肌の中にあるヒアルロン酸の量を減らさない必要があり、そのために外部から直接塗れば良いという発想によって誕生したのが、現在の「ヒアルロン酸配合基礎化粧品」になります。

しかしながら、前記の通り、ヒアルロン酸はそもそも分子の大きさが大きく、単に塗るだけではお肌の内部へと届けることは不可能だということも明らかになっています。そこで考案されたのが低分子ヒアルロン酸なのですが、実はこちらも必ずしも効果があるとは言い切れないのも事実です。

中には使用してみて効果があったと言う人もおりますが、その効果は果たして低分子ヒアルロン酸によるものなのかどうか、因果関係は証明できないという説を唱える研究者も多く、結論を言ってしまうと、効くかどうかは「分からない」ということです。

話題の低分子ヒアルロン酸って?

Pocket

コラーゲン、ヒアルロン酸の2つは、多くの基礎化粧品に配合されており、いわゆる美容成分として知られていますが、これらの効果については疑問の声が多数あげられています。すなわち、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている基礎化粧品でスキンケアをしたとしても効果が無いのではないか、という声です。その理由は、そもそもヒアルロン酸やコラーゲンといった成分は分子の大きさが大きく、たとえ基礎化粧品に配合してお肌に塗ったとしても、肌内部にまで届くわけではないから、というものです。確かにこの説には高い説得力が備わっており、事実として同じスキンケアをした人が、100%症状が良くなるとは限らないといったことも起こっています。

そこで考案されたのが「低分子ヒアルロン酸」です。低分子ヒアルロン酸は通常のヒアルロン酸を人工的に低分子化した成分で、簡単により美容成分を小さくしたものだと捉えていただいて結構です。低分子だからこそお肌の内部へと浸透する、あるいは低分子だからこそサプリメントなどでも吸収されやすい、という謳い文句で販売されています。

近年では多くの基礎化粧品やサプリメントに配合されるようになった低分子ヒアルロン酸ですが、果たしてこの成分には本当に効果が期待できるのでしょうか。当サイトではお肌とヒアルロン酸の関係と、そもそもなぜヒアルロン酸が必要なのか、本当に美肌効果は期待できるのかどうかについてご紹介していきます。